戻る 会社情報

「朝日でよかった」の笑顔のために


1.信頼を頂いた歴史と実績があります。

(1) 朝日住宅は、昭和46年11月開業で創業50年となり不動産流通(売買)の仲介においては三井リハウス・住友不動産販売・東急リバブルより古く長い実績があります。売買仲介は 55,640戸、リフォームは13,157戸をお世話しております。※正確なデータの残っている平成3年11月から令和3年3月までの集計

(2) 現在のサービスについては、539通(2020年)のお客様アンケートで93%が良い、そして63%の方から非常に良いとの評価を頂いてます。

2.「親切、丁寧、しっかりした仕事」がモットーです。

(1) 最も力を入れているのは「お客様目線のサービス」です。

(2) 購入では特定物件にこだわる営業はしない方針です。他社扱も含め広く探します。売却では、社外にオープンにします。

3.朝日住宅のポリシーはお客様と一緒に考える営業です。

(1) 立派な物件が必ずしもお客様の満足が高いとはいえません。無理な買い物をすれば長く負担になります。ライフスタイルや家族構成に合ったもの、支払い条件に合ったものが理想のマイホームと思ってます。

(2) 生活者に接する企業として大事にすべきは信頼関係でお客様と一緒に考える営業です。

会社概要

社名 朝日住宅株式会社 www.asahi-jutaku.co.jp
本社所在地 東京都新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング 6階
創業/設立 昭和46年11月/昭和61年12月
免許 宅地建物取引業者免許/国土交通大臣(5)第6185号
加盟団体 一般社団法人 不動産流通経営協会
一般社団法人 全国住宅産業協会
公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会
公益社団法人 近畿地区不動産公正取引協議会
資本金 9,210万円
事業内容 不動産仲介・リフォーム・損保代理
仲介取扱高 260億5610万円(令和2年4月-令和3年3月)
従業員数 122人(令和3年3月末現在)
事業規模

(1)住宅売買の仲介を主とする不動産流通会社です。

令和2年度の売買取引件数958件、取引高は260億5610万円、仲介契約手数料は11億4143万円です。
令和2年度主要不動産流通各社の売買の仲介実績で、当社は全国で27位にランクされています
(令和3年6月1日 住宅新報)。
賃貸を含めた不動産仲介の全国順位は、34位にランクしています(令和3年10月22日 日経流通新聞)。

(2)住宅リフォームは令和2年度311戸の工事を受注しました。

リフォーム業務を全面委託しているグループ会社の朝日住宅センターは、
住宅リフォーム売上高の全国順位で、57位にランクしています(令和3年10月22日 日経流通新聞)。

(3)損害保険は、令和2年度の取扱保険料が7830万円になります。

役員 代表取締役会長:金子 平八郎
代表取締役社長:金城 宏治
代表取締役専務・市場調査部長:初田 郁子
取締役営業副本部長 新宿副店長:堀 孝幸
取締役大阪店長:吉川 和昭
取締役神戸店長:中本 陽彦
主な株主 朝日住宅センター(株)・金子平八郎・初田郁子・損害保険ジャパン(株)・朝日生命保険(相)・(株)サカイ引越センター・東京海上日動火災保険(株)
グループ会社 朝日住宅リフォーム
(朝日住宅センター株式会社)  http://www.asahi-jutakureform.co.jp/
主な提携先 国家公務員共済組合連合会・資生堂・(一財)東京都人材支援事業団・ 全日空・特別区職員互助組合・
ソニー・日本電信電話・トヨタ・東日本旅客鉄道・日本航空・東京電力・日立・味の素・富士通・NTT・
ブリヂストン・NHK・ホンダ・KDDI・三菱自動車・三菱電機・サントリー・リコー

朝日住宅リフォーム会社概要

社名 朝日住宅リフォーム
(朝日住宅センター株式会社) www.asahi-jutakureform.co.jp
本店 東京都新宿区高田馬場1-33-13 千年ビル
設立 昭和47年6月
宅地建物
取引業者免許
国土交通大臣(4)第7230号
建設業許可 国土交通大臣許可(般-3)第21705号
建築工事業、屋根工事業、内装仕上工事業、大工工事業、タイル・れんが・ブロック工事業
資本金 5000万円
役員 会長:金子 平八郎
社長:初田 郁子
常務:塚本 昌則
実績 住宅リフォーム売上高の全国順位では57位にランクされています。
(令和3年10月22日 日経流通新聞)
事業内容 リフォーム
リノベーション(住宅再生) 事業・建売り
朝日住宅のリフォーム業務運営の受託
中古マンションや戸建て・ビルを買取り、リノベート(再生)し商品化しています。
リフォームについては、朝日住宅と一体で工事を行っています。窓口も担当も同一人で行います。
事業所
【事業部】
新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング
03-5322-1508
【朝日住宅リフォーム東京】
新宿区西新宿1-8-1 新宿ビルディング
03-5322-1561
【朝日住宅リフォーム神戸】
神戸市中央区東川崎町1-2-2 ハウジングデザインセンター神戸 3階
078-371-4443
【朝日住宅リフォーム大阪】
大阪市北区梅田1-1-3 大阪駅前第3ビル
06-6348-0322
【高田馬場事業所】
新宿区高田馬場1-33-13 千年ビル
【関西事業所】
神戸市中央区東川崎町1-2-2 ハウジングデザインセンター神戸 3階
078-371-4441
加盟団体 (財)住宅保証機構
(株)日本住宅保証検査機構(JIO)
日本木造住宅耐震補強事業者協同組合 組合員No.0001896
リノベーション協議会
加入保険 リフォームかし保険登録事業者 (株)日本住宅保証検査機構 (JIO) A0302072
住宅瑕疵担保責任保険届出事業者 (財)住宅保証機構 22017089
建設工事保険加入
賠償責任保険加入
グループ会社 朝日住宅株式会社  www.asahi-jutaku.co.jp

沿革

昭和46年11月 東京都武蔵野市三鷹に仲介業として創業者柏木正美が朝日住宅株式会社を設立し代表就任。
翌年6月朝日住宅センター株式会社を設立
昭和48年 11月 「お客様と共に繁栄の創業精神を社会に約束する」との企業倫理綱領を定め、その徹底に大規模な調査・審査部門を設け、1件ごとに詳細な取引事前審査を実施
昭和51年 11月 立川店開設。ホームアサヒ(住まい、買うとき売るときの手引き)創刊
昭和52年 10月 吉祥寺店・上野店を開設。
同年秋からリクルート住宅情報誌にPR開始
昭和54年 11月 新宿センタービル36階に新宿住宅情報センターを開設
昭和61年 11月 創業15周年を機にコミュニケーション誌「朝日住宅新聞」を創刊し首都圏に配布、
翌62年11月から関西版を大阪・神戸に配布
昭和62年 10月 大阪駅前第3ビルに梅田住宅情報センターを開設
昭和63年 4月 柏木正美および相川和仁(S63年4月~H5年6月)共同代表就任(朝日生命出資を機に共同代表制実施)。
8月に大宮店を開設
平成元年 7月 本店を新宿区西新宿に移転
平成2年~ 2年8月大阪リフォーム開設。12月に横浜店を開設。平成4年7月池袋店開設。
平成5年 6月 代表取締役青柳正巳就任(H5年6月~9年10月)
平成6年 10月 東京リフォーム開設
平成9年 11月 代表取締役金子平八郎就任(H9年11月~現在)・住宅産業開発協会理事(H9年11月〜12年6月)・ 不動産流通近代化センター評議員(H9年11月〜22年8月)
平成12年 6月 金子平八郎代表 日本住宅産業協会理事(H12年6月〜22年6月)
平成13年 6月 MBOで創業者株式取得し共同代表制廃止。共同代表柏木正美退任(S46年11月~H13年6月)。
同年10月、開発事業部門を分社化、業務を売買仲介に集中。
同年12月、ハウジングデザインセンター神戸に神戸店を開設。
平成14年 1月 ホームページ開設
平成16年 5月 不動産流通経営協会(FRK)加盟
平成17年 10月 10月6日 第17回住宅月間記念式典にて高円宮妃殿下ご臨席のもと金子平八郎代表が住宅産業功労者として国土交通大臣表彰
平成19年 7月 金子平八郎代表 東日本不動産流通機構倫理紛争委員長(H19年7月~21年6月)
平成21年 8月 初田郁子 代表取締役就任(H21年8月~現在)
平成28年 6月 金城宏治 代表取締役就任(H28年6月~現在)
令和元年 6月 初田郁子代表 不動産流通経営協会(FRK)監事から理事(R元年6月~現在)
令和3年 1月

朝日住宅センター株式会社は 「my best」2021年リフォーム会社徹底比較でお客様満足度全国第1位と推奨された

令和3年 6月 主要不動産流通各社2020年度売買仲介実績で 27位にランク、住宅新報
令和3年 10月

日経流通新聞(Nikkei Marketing Journal)の 売買仲介および賃貸仲介の合計で2020年度不動産仲介34位(当社は売買仲介専業)
また同紙で朝日住宅センター株式会社は、住宅リフォームの全国ランク57位

朝日住宅のヒストリー

当社が、アットホームの紙媒介情報などの資料をもとに流通業(売買仲介)を創業したのは、昭和46年(1971年)です。この頃は三井リハウス・住友不動産販売も流通業を業務としておらず新築物件販売・販売代理をしている時代でした。流通事業の開始は三井は当社から3年後、住友は5年後です。

設立2年後の昭和48年「お客様と共に繁栄の創業精神を社会に約束する」との企業倫理綱領を定め、その徹底に大規模な調査・審査部門を設け、1件ごとに詳細な取引事前審査を実施しました。当時、不動産取引の事故が多く、業者は不動産屋と呼ばれていた時代であり、そんな中で「調査の朝日」と云われた当社のこのように極めて厳格な経営姿勢は傑出しており、多数の顧客から信頼され期待されることになりました。

当社は、東京そして大阪・神戸のターミナル駅近くに大スペースの住宅情報展示場を業界で初めて開設。「オープンディスプレイ」と表示し、来社されれば、どの会社の、どの物件でも、誰もが、自由に住宅情報を得られるようにして大盛況となりました。同時に当社の営業も自社物件にこだわったり囲い込んだりしないお客様目線の営業に改めてます。

当社のそうした方式は、Net時代に入り、今ではホームページ、ホームズ、スーモなどウェブサイトが行うようになり、当社の大展示場方式オープンディスプレイは終了しました。ただ、その後も当社は他社物件も含めて広く探し囲い込みはしない方針は続けております。
お客様に合わせた物件を探す観点から、お客様のライフスタイルに合わせることや無理な買い物で長い負担にならないよう支払い条件に合ったものを理想のマイホームでと考えて営業して参りました。時代が変わりましたが、当社はこうしたお客様目線でお客様と一緒に考えることを営業の基本とし、『親切、丁寧、しっかりした仕事』をモットーに努力を続けております。